なぜ日本の木で家をつくるのか

「家づくりセミナー」を開催いたしました。 テーマは「なぜ日本の木で家をつくるのか」「エコ生活のすすめ」の2本立てでした。なぜ日本の木で家をつくるのかの講師を私が務めさせていただきました。 緊張と気合で、汗をポタポタ流しながら話している様子です。 人前に立ってプレゼンテーションするって本当に大変なことだな~と、つくづく感じます。なぜ日本の木で家をつくるのか。皆さんはなぜだと思いますか? 現在の世界の森はどうなっているのか?日本の森は?岐阜の森は? 日本の木ってどんなもの?外国の木ってどんなもの?木の旬?環境?トレサビリティー?ご参加いただきました皆様には、セミナーの内容を少しでも共感いただければと思います。岐阜の木の住まい協議会をご覧いただき、日本の木を使うことの意義を知って頂きたいです。外構工事はこれからです。お施主様は家づくりを始められた時、外観を特に気を使っていた時のことを思い出します。その甲斐あって、このカッコイイ外観。中に入るとさらに上質な空間です。トラック3車が出発していきました。明日も朝一番にもう1車が搬入する予定を組んでいました。 出発前の打合せ中。明日もお客様の上棟です。良い天気になりますように!