先を行く工務店に学ぶ

岐阜の住宅研究会」の会議が開催されました。普段は競合他社の関係の工務店同士が、この日は岐阜の住宅をよりよいものにするための仲間として勉強会をします。今回は、「施工」に注目し、各会社の施工担当者(現場監督)が参加し、有意義な研修が行われました。内容は、エアパス方法のより深い理解と正しい施工の「物差し」の統一化でした。今回は、あまり時間がなく、次回に持ち越された課題も多くありましたが、次回は2月頃の開催を予定しているとの事です。 また、夜の懇親会では、各会社のトップに私も交じり、色々とたくさんのことを教えていただきました。その言葉の重みに私自身気の引き締まる思いと責任感がグッと増しました。ある社長様に「お前命かけて仕事してるか?俺は命かけてるぞ!!」と迫られ、一瞬考えてしまった私自身の甘さを感じました。今日は、実際に建築されたお住まいを2件と建築中の物件を1件拝見させていただきました。どの建物も良く考えられており、高い設計力に感動しました。我々ももっともっと磨かなくては・・・。と感じ、気合を入れなおしたところです。社長様は、「家づくりは本物でなくてはならない」とおっしゃっていました。確かにどのお住まいを拝見しても「妥協」を感じず、徹底されていました。しっかりと見習います。